PAGE TOP

サービス概要

KPSLのサービス概要

KPSLは、医学検査・分析の知識・技術を活用し、研究開発及び研究支援の提供を行います。研究開発は、アカデミアとの共同研究を通じて、オミクス技術等を活用した医学検査に供する新しい診断・測定分析技術の実用化を進めます。
研究支援においては、研究検査に特化したラボ機能・技術者を有し、基本サービスとして受託分析を行うだけでなく、我々のもつ専門知識を生かし、研究の計画段階から必要とする分析の提案・支援を行い、分析結果の検証や追加分析の提案まで、ライフサイエンス研究が必要とする測定分析部分のトータルサポートを目指します。
また、セミナー等の情報提供活動を積極的に行うとともに、アカデミアのみならず、医療機関の医師・検査部門・メディカルスタッフも含め、広く研究を促進させるための部門支援も行います。

*生体内の特定の機能成分について、1試料で多数種類を一度に網羅的に計測・解析する技術をいう。遺伝子であればゲノミクス(genomics)、蛋白質であればプロテオミクス(proteomics)などと分類される。


部門支援スキーム

臨床検査部門 支援例

医学研究には、大学や研究機関、企業だけではなく、臨床現場である病院やクリニック等における「臨床研究」や「疫学調査」、「臨床検査データの解析」等が存在し、これにより新たな診断・治療方法の研究・開発が行われております。我々は、臨床現場に属する医療機関、臨床検査部門並びに臨床検査技師の関わりが医学研究には必要不可欠であると考えております。
KPSLは、我が国の社会発展に、検査・分析技術と人材の発展が重要であると考え、臨床検査部門・技師への情報・技術提供、支援に力を入れます。